MENU

目のピント調節回復にどんなサプリが良い?

スマホ、PCなどをはじめ、目を使いすぎる方に多いのが、目のピントズレの症状になります。焦点が合わなくなる原因は、目の酷使によりピント調節を行う筋肉たちが衰えた証拠です。この状態を放っておくと、老眼になったり、老眼の症状がどんどん進行していきます。

 

目のピント調節機能回復に良い成分
  • アントシアニン
  • アスタキサンチン

 

などが研究結果からもその作用が証明されています。同時にルテイン・βカロテン・DHAなどの成分も目の老化、衰えを防いだり、視力の維持に役立ったり、と目の健康をサポートします。当サイトは、そんな目のピント調節と健康に良い成分を配合したサプリを厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

ピント調節機能回復サプリランキング

 

めなりの特徴

めなりは、ピント調整に良いビルベリーエキスを筆頭に有効成分を高配合したサプリメントになります。ビルベリーエキス170mg含有は業界トップクラス!さらに、ルテイン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・βカロテン・ビタミン・ミネラルなどは幅広い成分を含みます。それだけに、ピント調節以外にも疲れ目・かすみ目・目の渇きなど様々な目のトラブルにアプローチします。

価格 980円
評価 評価5
備考 ビルベリーエキス・ルテイン・アスタキサンチン・βカロテンほか

 

 

アイジャストの特徴

アイジャストは、結果にコミットでおなじみのライザップから販売された目のピント調節サプリメントになります。機能性関与成分のアスタキサンチンを配合しており、毛様体の衰えによる目のピント調節機能を高めます。実際の試験結果からも目のピント調節力が改善したことが判明しています。さらに、目の疲労感の軽減にも働きます。クロセチン・DHAも含まれており、目のトラブル対策に有能なサプリとなっています。

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 アスタキサンチン・クロセチン・DHA

 

 

えんきんの特徴

えんきんは、国内初の目の機能性表示食品に認められたサプリメントになります。ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれており、ピント調節機能を助けるとともに、目の疲れからくる肩・首の負担も軽減します。CMでもおなじみのため、販売開始から安定した人気を誇るサプリメントです。

価格 1000円
評価 評価4
備考 機能性表示食品 ルテイン・アスタキサンチン・DHAほか

 

目のピントが合わない…原因はなに?

 

物や景色を見ようとしたとき、ぼんやりかすんでピントが合いにくいといったことはありませんか?しばらく見ているとハッキリ見えてくるけれど、すぐにはピントが合わないというときは眼精疲労やドライアイ、老眼などを疑ってみる必要があります。ここでは、目のピントが合わないときの原因についてお話しましょう。

 

目のピントが合いにくくなる現象

 

しばらく同じものを見ていた後に別のものを見ようとすると、目がかすんでしまう、ピントが合わなくなるといった現象をピントフリーズ現象といいます。

 

一定の距離にピントを合わせていたために、目の毛様体筋が固定されて、瞬時には他の距離に合わせにくいという現象です。

 

パソコンやスマートフォンなどで細かい文字を見続けたりすると、ピントフリーズ現象が起こりやすくなります。また、40歳くらいを超えた年代の人にも起こりやすいといえるでしょう。

 

放置は避けたいピントフリーズ現象

 

ピントフリーズ現象自体は、しばらく遠くを眺めたり目を休めると解消されます。しかし、この現象を繰り返していると、眼精疲労などの原因となります。そもそもピントフリーズ現象も眼精疲労から起きている場合があるのに、さらに状態が悪化してしまうわけです。

 

ピントフリーズ現象が起こるほど目を過酷な状況にさらしておくことも、ドライアイなどの原因になりかねません。放っておくと、目の状態はさらに悪くなる一方です。こまめに目を休ませることも大事ですが、目の機能を保持するために栄養補給をするなどの対策も積極的に行っておくことをおすすめします。

 

目の疲れから、肩こりや頭痛、睡眠障害などが引き起こされることもあります。早めに異変に気付いて対処することが、目の機能を長持ちさせることにつながります。

 

目のピントのズレを治すには?

 

目のピントがずれてしまう、ピントフリーズ現象。パソコンやスマートフォンが手放せない現代人としては、頻繁に襲われそうな現象です。ここでは、目のピントのズレを直すための対策についてお話しましょう。

 

目を休ませる対策

 

目のピントがズレるというのは、一時的な現象の場合が多いようです。しばらく別のところを見たり、目を休ませてあげると、またピントが合いやすくなってきます。目を温めたりストレッチをするなどして、目の周囲の筋肉をほぐしてあげるのも効果的です。

 

ただし、こうした対策はいずれも一時的な効果に過ぎないと覚えておきましょう。ピントがズレるたびに対策をとって目を休ませたりしていても、繰り返しているうちに慢性的な眼精疲労などになってしまう恐れがあります。

 

同じものをずっと見ていることが原因でもありますから、ドライアイなどになる心配もあります。ただピントのズレを調整するだけならいつでもできるかもしれませんが、眼精疲労やドライアイなどになれば本腰を入れて治療などをする必要が出てきます。

 

同じところを見続けない

 

一時的な対策としては、あらかじめ決めた時間ごとに目を休憩させるという方法があります。15分くらいごとに別のところに視点をやるような習慣をつけておけば、ある程度は対策になるでしょう。

 

あくまでも一時的な対処法ですから、目を酷使し過ぎないようにする生活習慣にも工夫が必要です。また、目の機能を高めるために、目に必要な栄養をしっかりとっておくことも大切です。

 

仕事でパソコンを使う人にはなかなか難しいでしょうが、1日何時間までしかパソコンの前に座らないなどと決めておくぐらいの対策をとらないと、どんどん目が弱っていってしまいますよ。

 

目のピント調節のサポートに良い栄養

 

目のピントがズレたときには、遠くを見てみたり目を休ませてあげるのが効果的です。とはいえ、いつもその繰り返しをしていると、目の機能は段々と弱まってきます。

 

深刻な眼精疲労やドライアイ、老眼などが進行しないうちに、目の機能自体を強化しておく対策もとることが大切です。ここでは、目のピント調節をサポートしてくれる栄養素についてお話しましょう。

 

ビタミンB群の摂取

 

目の機能を健康に保つために必要な栄養素は、目的によっても細かく挙げることができます。例えば、目の周囲の巡りをよくしたり疲れを改善するためには、ビタミンB群が重要になってきます。

 

どんな症状であっても、目には必要な栄養素ですから、ビタミンB群は欠かさないようにしておきましょう。ビタミンB群は水溶性のビタミンで、すぐに使われない分は数時間中に排出されてしまいます。こまめに摂取することで、目をサポートしてあげましょう。

 

目的別目のサポート成分

 

パソコンやスマートフォンなど、目を酷使することが当たり前になった昨今。どんな年代の人にも、目の栄養素は不足しがちなのかもしれません。目の機能をサポートしたり緩和させたりしてくれる栄養素は、目的によっていろいろあります。

 

ピントがズレているとき、ハッキリ見たいというときには、ベータカロテンやビルベリー、マキベリーなど、色素の濃いアントシアニンを多く含むような栄養素が向いています。

 

エイジングケアなら、ビタミンEやアスタキサンチン、ビタミンC、リコピンといった抗酸化作用のあるポリフェノールを中心に補給するとよいでしょう。

 

疲れ目には、ビタミンB群の他にDHAやEPAといっためぐりサポート成分がおすすめです。

 

かすみが気になるときには、コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチンなど潤い補給成分も役立ちます。目の機能自体を支えているのは、目にも備わっているルテイン。年齢に伴って減少していくので、ルテインの補給も注目されています。

 

目のピントが合わないのは病気?

 

目のピントが合わないときの原因とされる多くは、一つのものを長時間見続けることだと考えられています。パソコンやスマートフォンが多くの人に普及している今、ピントがズレたときの原因としてまず考えがちなのは目の酷使です。ただ、中には病気で目のピントが合わなくなっていることもあります。ここでは、目のピントが合わないことと眼病との関係についてお話しましょう。

 

目のピントが急に合わなくなったとき

 

目のピントが合わないと感じて目を休めたにもかかわらず、片目のピントがズレておかしいと感じたときは、眼病を疑ってみる必要があります。

 

例えば、急に目がかすんできた、ピントが合わなくなってきた、それも片方の目だけが急に見えにくいというときには、網膜や視神経に異変が生じているのかもしれません。

 

こうした異変が進行してしまうと、白内障や緑内障になっている可能性もあります。おかしいと感じたら、早めに眼科でとりあえず検診を受けてみることをおすすめします。何事もなければよいことですし、問題があれば早く見つかってよかったということになるはずです。

 

眼病と眼精疲労とのピントのズレの違い

 

そうはいっても、眼病が原因のピントのズレと眼精疲労などのピントのズレとの違いがわからないと病院に行くべきか判断しづらいということもあるでしょう。

 

眼病の前兆の場合、遠くでも近くでも同じようにピントのズレが目立ってきます。眼精疲労などによるピントのズレの場合、少し遠くを見たりすると再びピントが戻ってくることが多いのです。

 

また、仮に眼病ではなかったとしても、眼精疲労もドライアイも放っておくと回復が難しくなってくる場合があります。ピントのズレが激しい、目を休ませても回復しない、すぐにまた疲れてしまうというときには、なるべく眼科に行くようにしたほうがよいでしょう。